REPORT レポート

話題の新設酒蔵・上川大雪酒造と考える、上川町を元気にするアイデア!「大雪日本酒ゼミ」①ツアー編

JTB北海道による「日本酒で楽しむ上川町観光ツアー」

上川町に戦後初の新しい酒造メーカー・上川大雪酒造とその酒蔵「緑丘蔵」が誕生し、5月からの試験醸造を経て、9月から本格的な醸造がスタートしたことで話題を呼んでいます。

今回、大雪山大学と上川大雪酒造とがコラボした「大雪日本酒ゼミ」。全3回行ったゼミの会場は、自然の地形を生かした美しいガーデンで知られる「大雪 森のガーデン」に隣接した「フラテッロ・ディ・ミクニ」。日本を代表するフレンチのシェフ・三國清三氏がプロデュースするフレンチ&イタリアンのレストランで10月14, 28日と11月5日の3回にわたって行ったゼミの模様をレポートします。(第2回・第3回は別ページにて掲載)

【JTB北海道による「日本酒で楽しむ上川町観光ツアー」】

10月14日に開催した第1回はツアー編です。北海道各地の清酒蔵やワイナリー、ブルワリーなどを巡るスタンプラリーとして話題になった「パ酒ポート」を企画した、JTB北海道の田村千裕さんが講師として登壇。当日は、25名の参加者が訪れました。

ゼミに先立ち、まずは上川町産業経済課昔農(せきの)正春課長からごあいさつ。層雲峡や大雪森のガーデンなどの観光資源をもつ上川町の魅力をはじめ、大雪山大学が上川町ならではの恵まれた自然環境や地域資源を生かしたプロジェクトであることや、町を挙げて上川大雪酒造を応援しともに発展していきたいと願っていることなどが語られました。

続いて登壇したのは、上川大雪酒造で杜氏を務める川端慎治さん。北海道産の酒米を100%使用し少量・手造りの高品質な純米酒のみを醸す方針であることや、6月から仕込みをはじめて6本の試験醸造酒ができたこと、本格的な醸造はすでに始まっており11月中に新酒ができる予定であることなどの話がありました。

さて、いよいよ本日の講座がスタート。田村さんの話によると「ある地域の定住人口が1人減ることで、その地域の年間消費は124万円減少する。それを補うためには、観光客が持続的に訪れ、宿泊・滞在・周遊してもらう仕組みが必要」なのだそう。たとえば、アメリカのナパバレーはワイナリーを軸に、レストランや宿泊施設、ミュージアムなどが整備され、年間500万人が訪れるワインリゾートになっています。日本酒を中心に、北海道も同じような成長を遂げることができるのではないかと田村さんは考えているようです。

地元米や雪解け水などのテロワール、神聖な場とされてきた酒蔵......その地域の物語を打ち出すことで、世界中から人を集めることも可能であるという言葉に、参加者からは「なるほど!」という声が上がりました。

「リゾート列車に乗って、後志地方(小樽・ニセコなど)の地酒を楽しむツアー」「プライベートタクシーで小樽の酒蔵をめぐり、バックヤードの見学や酒造り体験を楽しむツアー」など、これまでに田村さんの手がけた企画が紹介された後は、参加者がツアーのアイデアを話し合う時間。目にも美しいランチと上川大雪酒造の試験醸造酒(第1号)を楽しみながら、「『上川のお酒』と何かを組み合わせて、魅力あふれるツアーを考えましょう」というテーマのディスカッションが、テーブルごとに進んでいきます。

各テーブルの代表者による発表タイムでは、「上川のお酒」と合わせて楽しめる町の魅力として「トレッキング」「日本一早い紅葉」「月見」「滝巡り」「ニジマス釣り」など、さまざま意見が出されました。

「20~30代のOLや50~60代のゆとりある世代をターゲットに、渓谷味豚(みとん)やもち米など、上川ならではの食材をミクニで調理し、夜空を眺めながらグランピングで楽しむ」「キノコ・山菜狩りをしてその場で日本酒の説明を受けながら、お酒と料理を楽しむ」など、どれもここでしかできない上川の魅力を楽しむプラン。参加者はもちろん、自治体の関係者も大きくうなずきながらメモを取り「今後の参考にしていきたい」と話していました。

(【講座レポート】「大雪日本酒ゼミ」②女性イベント編につづく)

※この記事はSAKETIMESの協力により制作しています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――