REPORT レポート

上川の魅力を写真で発信!「情報発信コース」共感フォト講座 開催!

インスタグラマー6151さんを講師に、いいね!が集まるフォト講座を実施しました。

上川町に開校した交流型市民大学「大雪山大学」。2017年8月11日(金)に行った入岳式、8月26日(土)に行われたプロアドベンチャー田中陽希さんの特別講座と記念講演に続き、上川町の魅力を写真で切り取り、発信していく力を付けてもらうためのワークショップ「インスタグラムでいいね!が集まる!共感フォト講座」を9月9日(土)、「大雪 森のガーデン」で開催しました。

▲会場となった「大雪 森のガーデン」

【「インスタ映え」する写真の撮り方とは】

最近よく耳にする「インスタ映え」という言葉。 写真共有サービス「Instagram(インスタグラム)」に公開した写真で「見栄えが良い」とか「人目を引く」という意味で使われています。きれいな景色やおいしそうなスイーツなど、何かにつけて写真を撮るという人も多い昨今ですが、なかなか思うように撮れないと悩んでいる人もいるのでは?

そこで今回、大雪山大学では、花々が綺麗に生い茂る「大雪 森のガーデン」で講座を開講。「インスタ映え」する撮り方とは? 「いいね!」をたくさん獲得するにはどうすればいいのか? 教えてくれたのは、日常にある他愛ない光景や感覚をビジュアリゼーションするフォトグラファーの6151(ろくいちごいち)さんです。

会場には事前に応募した希望者22人が集まりました。

▲熱心に講座を聞く受講者たち

まず最初に写真の撮り方のコツを6151さんが自分の作品を見せながらわかりやすく解説してくれました。「構図で魅せる写真を撮る」「目には見えない空気を表現する」「タグを活用していいねを増やす」などなど、どれも興味深い内容で、受講者の皆さんは熱心に聞き入っていました。

「その写真を見て、そこに行きたくなるような写真、見た人の想像をかき立てる写真」を撮るように心がけていると6151さんはおっしゃってました。

【ちょっとした工夫で写真が見違える】

▲講座後、いざ実践へ

6151さんの講座が終わったら、「大雪 森のガーデン」内で撮影です。習ったことを参考にしながら、それぞれが思い思いに写真を撮っていました。6151さんもガーデン内をまわり、参加者の質問に答えたり、撮り方のコツなどを教えていました。

▲6151さんに撮り方のコツを聞く参加者

30分と短い時間でしたが、視点を変えたり、構図を工夫したりと、考えながら撮影していました。

▲これまでと違う視点で撮影する参加者

ガーデンでの撮影が終わったら、元の場所に戻って写真の加工方法を教わります。スマホのアプリを利用して、それぞれが彩度や色味を変えたりしていました。

▲アプリを使って撮影した写真を加工する参加者

写真の加工が終わったら、インスタグラムにハッシュタグ「#大雪山大学」をつけてアップロード。それを見ながら6151さんが評価やアドバイスをしていきます。講座を受けた人が実際に撮影した写真は当サイトのトップページで見ることができます。

参加者に聞いてみると「これまで単に撮っていただけでしたが、考えながら撮るようにします」「ただ撮るだけじゃダメなんだということがわかりました」など、いろいろ参考になった様子。その言葉通り、6151さんにアドバイスを受けながら撮ったみんなの写真は、どれも素敵に「インスタ映え」するものでした。

【6151さんのプロフィール】

日常にある他愛ない光景や感覚をビジュアリゼーションするフォトグラファー。Instagramでは12万人を超えるフォロワーを持ち(2017.8現在)、影響力の高いインフルエンサーとして東京を拠点に活躍中。クオリティ・ライフスタイルマガジン「GQ JAPAN」主催による「共感されるInstagram写真の撮り方講座」などの出演実績あり。
Instagram:https://www.instagram.com/6151/
公式サイト:http://www.besidecoffee.net/

【今後の開講講座】
2017年9月17日(日)・18日(月)/【芸術学部】森の音いろワークショップ~間伐材楽器づくり&ミニライブ~

2017年10月14日(土)/【大雪日本酒ゼミ・ツアー編】日本酒で楽しむ上川町観光ツアー

2017年10月28日(土)/【大雪日本酒ゼミ・女性イベント編】女性が喜ぶ日本酒スタイル

2017年11月5日(日)/【大雪日本酒ゼミ・食材編】地酒に合うご当地の肴

詳しくは、「開講講座」ページをご覧ください。

※「大雪山大学」は、学校教育法上に定める正規の大学ではありません。